今回は、摂津に本社がある(株)CS大阪テックという配送を主な業務とする元気一杯の会社の添乗である。

CIMG4310
親分肌の坂東博行社長 (今回のバス会社、みらい観光バスの前で)

男性24名女性7名の合計31名でかにを食べに日和山温泉ホテル金波楼に向け大型バスで大阪城公園を出発。

今夜から明日にかけてこの冬一番の寒波襲来で、日本海側は大雪になるという困った予報。途中、中国道宝塚付近の渋滞もなく最初の立ち寄りは場所、和田山の海鮮せんべい但馬に到着。

いろいろなお菓子の試食が楽しめ、コーヒーも無料で飲めるということでお客様も満足の様子。

CIMG4217 試食とコーヒー無料サービスで人気の海鮮せんべい但馬

このあとすぐ近くの道の駅但馬蔵で丁度12時からの昼食。季節のおこわと但馬のおばんざいの心のこもった料理は大好評。

あとは、ホテルに向って国道を約1時間走り、午後2時にホテル金波楼に無事到着。途中雪にもあわずまずは一安心。

CIMG4222海(日本海)がすぐ横にある日和山(ひよりやま)温泉 ホテル金波楼の正面玄関

まず、ホテルに入った所で全員で記念撮影のあと、真前にあるマリンワールドへ皆で歩いて向かう。

冬場で時折雪もちらつく寒さの中でも、イルカやトド、ペンギンなどの動物は元気一杯。トドのダイビングやペンギンの散歩や約30分のイルカ・アシカのショーや魚が自由自在に泳ぐ大水槽などを各自が自分達のペースでゆっくりと見て回る。

CIMG4229本当にかわいいペンギンのお散歩タイム

到着してからマリンワールドの閉演の17時までは約3時間のフリータイムだったので皆さん時間的には十分だった様子。

CIMG4242急に指名され、ショーの舞台でアシカ君と共に敬礼する㈱CS大阪テックのお客様

冷えた体を、ホテル自慢の露天風呂も併設する温泉大浴場で十分にあたため、身も心もすっきりさせたあと、18時30分からは舞台付の宴会場でかに会席を食べながら、飲んで食べて踊って歌ってと約3時間にわたる大宴会。

皆さん大いに楽しんだ様子。

CIMG42517名の女性社員による爆笑ショータイム

次の日は、朝目覚めると予報通りかなりの雪が舞う悪天候。朝食で和洋のバイキング料理を食べた後8時30分にホテル出発。

バスはスノータイヤにチェーンを巻いてゆっくりのスピードで程なく朝市きのさきに到着。寒いので、まずはふるまいの朝市鍋で体を暖めてから、かになどの海産物のお買物。寒いが、やはりかにの季節だなあとしみじみと感じる。

CIMG4300雪で真っ白の 海産物センター  朝市きのさき

雪が降り続くため、チェーンはつけたまま次の訪問地 豊岡にあるかばんの館 エムエスステーションに向かう。話によると豊岡はかばんの大産地で日本の生産量の約60%を占めるという。約40分で到着するが、すごい積雪量に驚かされる。

幸いにも雪は小降りになっており、かばんの館の中に入る。色々な種類のかばんを中心に財布や小物類も揃っており見るだけでも楽しそうな感じだ。

CIMG4303広い店内いっぱいに様々な種類のかばんが展示されている。

ここを出発すると、今度は和田山の、土産物を扱うパオパオに向かう。途中、今度は前も見えなくなる位の猛吹雪に見舞われる。

外を見ると、気温の掲示板があり、そこにはマイナス3度の表示があった。ゆっくりゆっくり走り、1時間以上もかかってぱにやっと到着。ここは吹雪ではないが、まだまだ降りやまない雪の中、急ぎ足で館内に入ってしばしの休息。

CIMG4304降り続く雪の中のパオパオ駐車場から館内へ向かう。

予定より少し遅れてパオパオを出発し、昼食場所のグランド赤坂へ向かう。バスはここでチェーンをはずすが播但道でタイヤのチェックがあり大渋滞になる。播但道を下るにつれて雪も少なくなり、中国道と交わる福崎あたりでは今までの天候がうそのような晴天に変わる。グランド赤坂で遅めの昼食を済ませたあと、予定より少し遅れ15時40分頃に大阪城公園に無事到着。

今回は典型的な冬の日本海側と太平洋側の天候の差を味わったた1泊2日の旅であった。

高 橋 朗